So-net無料ブログ作成

ジョニーデップが購入宣言したウーンデッドニーとは? [芸能]

人気商品




deppu.jpg




ハリウッドスターのジョニーデップが、先住民啓蒙運動の聖地としても知られる

「ウーンデッドニー」(サウスダコタ州)の一部を購入する意思を示し、話題になってます。


購入宣言の真意は分かりませんが、ジョニーデップ曰く「先住民の血を引く自分が、土地を買い取り

スー族に返還するのが目的」とのこと。


では、このジョニーデップが購入宣言したウーンデッドニーとはどんな場所なんでしょうか?


ウンデッドニーあるいはウーンデッドニーとはアメリカ、サウスダコタ州の南西部、シャノン郡にある地域、

町で、アメリカ先住民(インディアン)のスー族(ラコタ部族)が定住しているパインリッジ居留地内にあります。

1890年にはウ-ンデットニーの虐殺が行われました。

ChiefBigFoot.jpg

ウーンデッドニーの虐殺についてはこちら



また、1973年にはウ-ンデッドニー占拠事件も起きています。

wounded-knee-73.jpg

ウ-ンデッドニー占拠事件についてはこちら

ウーンデッドニー占拠事件についてのドキュメント


ウーンデッドニーは先住民族にとって苛酷な歴史を刻む町であり、先住民啓蒙運動の聖地となっています。

いくら先住民の引いてるとはいえ、簡単に手出ししてはいけない土地でもあります。


一部では、出演している映画「ローン・レンジャー」の興行成績が振るわず、

話題づくりのためでは?という声も上がっています。



さて、このジョニーデップのウーンデッドニー購入宣言、彼にとって吉とでるでしょうか凶とでるでしょうか?




ネイティブ・アメリカン―先住民社会の現在 (岩波新書)

ネイティブ・アメリカン―先住民社会の現在 (岩波新書)

  • 作者: 鎌田 遵
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2009/01/20
  • メディア: 新書





人気商品



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。